5/31(日) storylive「33 〜あの曲は今、どうきこえますか?〜」前売りチケット

5/31(日) storylive「33 〜あの曲は今、どうきこえますか?〜」前売りチケット

様々なジャンルの音楽の中でベースを弾く、渡部かをりさん。
詩央里brothersの仲間としても、1stアルバム2ndアルバム共にベースを弾いてくれています。
彼女の言葉に寄り添う音が大好きです。

今回、そんな彼女の書き下ろした小説に音をのせるstoryliveが開催決定。

以下渡部かをり公式オンラインショップより引用。

———————————————————————-
企画・原作・演出 渡部かをり
“storylive” 第1弾
『33 〜あの曲は今、どうきこえますか?〜』

2020年5月31日(日)
恵比寿天窓.switch
開場 18:00 / 開演 18:30
前売券¥3000(ミニ小説付)/ 当日券 ¥3300

出演

詩央里
NARUTRIO(白石なる / 小林真也 / 渡部かをり)

<あらすじ>
33年前に戻って自分の人生を振り返れるとしたら。

「あの日の自分に伝えたいことがある」
そうして私は、自分が最も辛かったあの瞬間に行って、自分を励まそうと思った。
けれどその時の自分には言葉は到底届かず、せめてもの思いで、ある曲をひとつ届けた。

あの頃の自分と、ひとつの曲。
その関係性は、年を重ねるごとに変わっていく。
ハタチの私、33歳の私。

全時代の自分に問う。
「あの曲は今、どう聴こえますか?」

-----
企画・原作・演出を、ベーシストブロガーの渡部かをりが担う、ある種の単独公演。
言葉に心を映すシンガーソングライター「詩央里」、ジャズトリオと言われながら、その形にとらわれない奔放な演奏が魅力の「NARUTRIO」。渡部かをりの書き下ろし小説をもとに、新進気鋭の2組が演奏でその世界を表現する。
小説×言葉×生演奏という、新たなライブの形”storylive”。曲を聴ける小説?シナリオがある演奏?あなたが耳にする言葉は、あなただけの思い出としてお持ち帰りいただけます。どうぞお楽しみに。
-----

【information】

1/31より、各ライブ会場、onlineshopにてチケット販売開始!
前売券をご購入の方には、今回の原作である「33〜あの曲は今、どう聴こえますか?〜」のミニ小説をプレゼント。
※発送開始はライブの1ヶ月前を予定しております。

¥ 3,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • チケットの郵送

    全国一律 300円
通報する

ショップの評価